2020年09月15日

感染症対策はなぜ見落とされてきたのか-保健所を中心とした公衆衛生の歴史を振り返る

保険研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任   三原 岳

医療・介護制度改革 医療保険制度 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

新型コロナウイルスの感染が再拡大する中、感染症に対応した医療制度改革の必要性が論じられている。中でも、感染症対策の最前線を担った保健所の機能強化が争点となっており、感染症対策に脆弱な医療制度の課題が浮き彫りとなっている。

では、なぜ感染症対策に対して脆弱なのだろうか。言い換えると、なぜ感染症対策は見落とされてきたのだろうか。歴史を振り返ると、保健所を中心とした公衆衛生システムを整備する際、日本は結核対策を重視してきた。このため、どこかのタイミングで、あるいは何らかの理由で感染症対策が軽視されるようになったと言える。

そこで、本レポートでは感染症対策を含めた公衆衛生の歴史を振り返ることで、感染症対策が見落とされてきた背景を探る。具体的には、一部で指摘されている行政改革による影響だけでなく、疾病構造の変化、公的医療保険の拡大、国民の意識変容、地方分権の影響など様々な要因を挙げる。その上で、感染症対策にも対応できる医療提供体制改革に向けて、保健所の機能強化に加えて、災害対策を参考にした病床の確保策などを示す。

■目次

1――はじめに~感染症対策はなぜ見落とされてきたのか~
2――公衆衛生と感染症対策
  1|公衆衛生とは何か
  2|保健所とは何か
  3|保健所数の減少
3――感染症対策を中心とした公衆衛生の歴史
  1|黒死病など感染症の歴史
  2|患者の隔離や清潔な環境の整備で対応
  3|明治期日本における感染症対策と公衆衛生
  4|懸案となった結核対策
  5|保健所発祥の地を示す2つの石碑
  6|敗戦からの復興
4――長く続いた公衆衛生の「黄昏」
  1|公衆衛生の「黄昏」特集
  2|公衆衛生の後退を招いた疾病構造の変化
  3|医療保険財政拡大の影響
  4|功利主義の後退
  5|保健所が減少した理由として説明できるのか?
5――地方分権の影響
  1|地域保健法の影響
  2|保健所長を医師に限定する必置規制の見直し論議
  3|公衆衛生と地方分権の相克
6――最近の医療提供体制改革における感染症対策の位置付け
7――新興・再興感染症への対応
  1|新興・再興感染症に関する制度改正
  2|新興・再興感染症対策に関する提案
8――総括と今後の方向性
  1|感染症に脆弱な医療制度になった理由
  2|5月の専門家会議報告書、自民党の動向
  3|保健所の機能強化
  4|病床の確保
9――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任

三原 岳 (みはら たかし)

研究・専門分野
医療・介護・福祉、政策過程論

アクセスランキング

レポート紹介

【感染症対策はなぜ見落とされてきたのか-保健所を中心とした公衆衛生の歴史を振り返る】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

感染症対策はなぜ見落とされてきたのか-保健所を中心とした公衆衛生の歴史を振り返るのレポート Topへ