2020年04月01日

20年を迎えた介護保険の足取りを振り返る(上)-制度創設の過程、制度改正の経緯から見える変化と論点

保険研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任   三原 岳

医療・介護制度改革 高齢者の医療・介護 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

加齢による要介護リスクをカバーするための社会保険制度として、介護保険制度が発足して4月で20年を迎えた。制度創設に際しては、高齢者がサービスを選択する契約制度を採用するなど、従来の福祉制度を抜本的に改める内容を含んでおり、20年の歳月を経て、国民の間で一定程度、定着したと言えるだろう。

一方、現場の人手不足や認知症ケア、医療・介護連携など新たなニーズへの対応を迫られている中で、高齢化の進展で制度の持続可能性が危ぶまれており、政府は3年に一度の制度改正を通じて、介護予防の強化などに努めている。

本レポートは上下2回シリーズで、20年を迎えた介護保険制度の足取りを振り返りつつ、論点を探る。(上)では制度創設の過程を振り返ることで、与党を中心に様々な利害を調整した点を考察し、こうした利害調整を経た分、思い切った制度改正が難しくなっており、近年の制度改正ではリハビリテーションなど介護予防に力点が置かれている点を指摘する。中でも、2006年度制度改正で導入された「地域支援事業」に注目し、同事業が近年の制度改正で多用されている背景と論点を探る。

(下)では、高齢者の自己選択を意味していた「自立」の変容や国―地方の関係など各論に関する20年の変化を取り上げる。

■目次

1――はじめに~20年を迎えた介護保険の足取りを振り返る~
2――介護保険制度創設の過程
  1|制度創設の背景
  2|審議会での調整難航、与党が主導
3――介護保険制度の特色
  1|契約制度の採用
  2|民間活力の活用
  3|地方分権の重視
  4|費用抑制のメカニズム導入
4――これまでの介護保険制度改正の経緯(1)~財政逼迫への対応~
  1|20年間の制度改正を振り返る
  2|介護保険財政の逼迫
  3|難しい財政改革
5――これまでの介護保険制度改正の経緯(2)~地域支援事業の変遷~
  1|創設時点の議論
  2|地域支援事業を拡大した2015年度改正
  3|「通いの場」拡大を意識した2021年度制度改正
  4|地域支援事業が多用される理由
  5|地域支援事業の拡充に関する問題点
6――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任

三原 岳 (みはら たかし)

研究・専門分野
医療・介護・福祉、政策過程論

アクセスランキング

レポート紹介

【20年を迎えた介護保険の足取りを振り返る(上)-制度創設の過程、制度改正の経緯から見える変化と論点】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

20年を迎えた介護保険の足取りを振り返る(上)-制度創設の過程、制度改正の経緯から見える変化と論点のレポート Topへ