2019年12月24日

「小粒」に終わる?次期介護保険制度改正-ケアプラン有料化など見送り、問われる持続可能性確保

保険研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任   三原 岳

医療・介護制度改革 介護保険制度 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

3年に一度の制度改正に向けた社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)介護保険部会の議論が概ね決着した。部会としての意見の大枠が12月16日の会合で固まり、厚生労働省は2020年の通常国会に関連法改正案を提出する予定だ。

ただ、ケアマネジメント(居宅介護支援費)の有料化など、負担増や給付減を伴う制度改正の多くは先送りされ、現時点で想定される制度改正は全て「小粒」に終わりそうだ。本稿は部会における議論や資料などを踏まえつつ、次期介護保険制度改正の内容を考察したい。

■目次

1――はじめに~小粒に終わりそうな介護保険制度改正~
2――議論された制度改正の主な内容
  1|部会で議論された5つの横断的なテーマ
  2|要介護1~2の給付を巡る見直し論議
  3|ケアマネジメントの有料化を巡る論議
  4|自己負担の増加、「通いの場」の拡充など、そのほかの内容
  5|負担増を伴う2つの制度改正
  6|制度改正の総括
3――厳しさを増す介護保険制度に与えるインパクトの小ささ
 ~「2つの不足」にどう対処するのか~
4――社会保険方式の原則~介護保険と地域づくりの関係~
5――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任

三原 岳 (みはら たかし)

研究・専門分野
医療・介護・福祉、政策過程論

アクセスランキング

レポート紹介

【「小粒」に終わる?次期介護保険制度改正-ケアプラン有料化など見送り、問われる持続可能性確保】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

「小粒」に終わる?次期介護保険制度改正-ケアプラン有料化など見送り、問われる持続可能性確保のレポート Topへ