2018年11月29日

「65歳の壁」はなぜ生まれるのか-介護保険と障害者福祉の狭間で起きる問題を考える

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   三原 岳

介護保険制度 医療・介護制度改革 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

障害者が65歳以上になることで、従来の障害者福祉サービスを受けられなくなる「65歳の壁」問題が一部で注目されている。障害者に福祉サービスを提供する障害者総合支援法では、介護保険に同様のサービスがある場合、介護保険を優先するよう求める規定があるため、それまで受けていたサービスが受けられなくなったり、急に負担が増えたりする不都合が生じており、司法判断が下される事態も生まれている。

本レポートでは、介護保険法と障害者総合支援法の概要や相違点、国会での議論などを考察し、2つの制度の狭間で「65歳の壁」が生まれやすい構造を明らかにする。さらに、過去の通知や近年の制度改正、今年3月の岡山地方裁判所の判決などに触れつつ、問題解決に向けた選択肢を提示する。

■目次

1――はじめに~「65歳の壁」問題を考える~
2――「65歳の壁」問題の概略
  1|2つの法律の主な相違点
  2|障害者総合支援法の給付に関する概要
  3|「65歳の壁」のイメージ
  4|「65歳の壁」の実態
  5|国や関係団体の調査
3――「65歳の壁」問題が起きる理由~法的な枠組み~
  1|介護保険優先の原則
  2|介護保険法優先の原則を巡る国会答弁
  3|介護保険法優先の原則の妥当性
4――「65歳の壁」の問題が起きる理由~(2)現場の視点~
  1|2007年3月の通知
  2|自立観の違い
5――「65歳の壁」の解消に向けた制度改正
6――介護保険制度改正の影響を受ける可能性
7――岡山地裁の判決
8――「65歳の壁」の解消に向けた選択肢
  1|制度の統合は困難か
  2|「合理的配慮」の考え方を踏まえた柔軟な対応を
9――おわりに
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
56889_ext_01_0.jpeg

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

三原 岳 (みはら たかし)

研究・専門分野
医療・介護・福祉、政策過程論

レポート

アクセスランキング

【「65歳の壁」はなぜ生まれるのか-介護保険と障害者福祉の狭間で起きる問題を考える】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

「65歳の壁」はなぜ生まれるのか-介護保険と障害者福祉の狭間で起きる問題を考えるのレポート Topへ