2020年08月24日

なぜ研修医は韓国政府の医科大学の定員4,000人増員計画に反対しているのか

生活研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任   金 明中

韓国 アジアの社会保障制度 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 韓国政府が医科大学の定員拡大や公共医科大学の設立を発表してから、研修医協議会を中心とした医師たちとの対立が続いている。
     
  • 韓国政府は、2006年以降3,058人で凍結されていた医科大学の定員を、2022年から毎年400人ずつ、つまり10年間で合計4,000人増やすことで7,000人近くまで増やす計画である。
     
  • 韓国政府は医科大学の定員を増やす理由として、最近、胸部外科、産婦人科、重症外傷外科等の生命と直結している分野の専門医を志願する若者が少ないことや、医療供給の地域格差が発生していることを挙げている。
     
  • 研修医は、韓国の人口1,000人当たり医師数の年平均増加率はOECD平均より高い、医師の地域格差はOECD加盟国の中で小さい、義務期間10年は医療サービスの質を下げる等の理由を挙げて医科大学の定員拡大や公共医科大学の新設に反対している。
     
  • 韓国政府は、韓国より先に医師不足や医師偏在の問題に対する対策を実施した日本の対策を参考としながら今後の対策を検討する必要がある。特に、医療崩壊や国民の不安を最小化するためにどのような対策を行ったのかに注目することが重要であると考えられる。

■目次

・韓国政府が医科大学の定員の拡大や公共医科大学の新設を発表
・なぜ韓国政府は医科大学の定員を増やそうとするのか?
・なぜ研修医らは医科大学の定員拡大や公共医科大学の新設に反対しているのか?
  (1)人口1,000人当たり医師数の年平均増加率はOECD平均より高い。
  (2)医師の地域格差はむしろOECD加盟国の中で小さい
  (3)義務期間10年は医療サービスの質を下げる
・結びに変えて
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

生活研究部   主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任

金 明中 (きむ みょんじゅん)

研究・専門分野
社会保障論、労働経済学、日・韓社会政策比較分析、韓国経済

アクセスランキング

レポート紹介

【なぜ研修医は韓国政府の医科大学の定員4,000人増員計画に反対しているのか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

なぜ研修医は韓国政府の医科大学の定員4,000人増員計画に反対しているのかのレポート Topへ