2020年08月14日

新しい生活様式による影響と今後の課題-「新しい生活様式」に関するSNS投稿データの分析

金融研究部 准主任研究員   原田 哲志

新型コロナウイルス 消費者行動 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

現在、日本では新型コロナウイルス感染拡大防止のために、様々な取り組みが行われている。本稿では、SNS上の投稿データを分析することで、「新しい生活様式」について人々がどのように感じているかを調べた。

その結果、SNS上の投稿からは、感染対策により、消費や娯楽の機会が少なくなることへの不満が見られた。その一方で、オンラインコミュニケーションやデリバリーを活用し、生活を楽しもうとする様子も見られた。従来の消費・娯楽活動が制限される中で、こうした代替手段を効果的に活用することが重要となっているかもしれない。

また、感染対策による不便さや感染対策を求める周囲の圧力に息苦しさを感じるという意見があった。こうしたストレスが蓄積していく恐れがある中で、ストレスやメンタルヘルスのケアを適切に行っていくことが求められる。

■目次

1――はじめに
2――分析方法
  1|単語の共起ネットワーク
  2|極性(ポジティブ・ネガティブ)分析
3――「新しい生活様式」に関する投稿の傾向
  1|単語の共起関係
  2|極性分析(ポジティブ・ネガティブ)
4――新しい生活様式による変化と今後の課題
5――まとめ
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
61144_ext_01_0.jpeg

金融研究部   准主任研究員

原田 哲志 (はらだ さとし)

研究・専門分野
資産運用、オルタナティブ投資、ヘッジファンド

アクセスランキング

レポート紹介

【新しい生活様式による影響と今後の課題-「新しい生活様式」に関するSNS投稿データの分析】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

新しい生活様式による影響と今後の課題-「新しい生活様式」に関するSNS投稿データの分析のレポート Topへ