2020年07月31日

新型コロナウイルスのグローバルM&Aマーケットへの影響-各国で広がる外資規制の強化

金融研究部 准主任研究員   原田 哲志

このレポートの関連カテゴリ

金融市場・外国為替 株式 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

新型コロナウイルスの流行の影響を受けて、世界のM&A取引は低調となっている。これは、企業業績の悪化や移動制限により企業買収に必要な現地調査が難しくなっていることなどが背景となっている。

また、新型コロナウイルスの流行による生活必需品や医療品の深刻な不足が起こった。こうしたことから、国民を守るために何が必要かという点で、世界の見方が大きく変化している。こうした背景から世界各国で外資規制を強化する動きが相次いでいる。新型コロナウイルスをきっかけとしてグローバルM&Aを取り巻く状況は大きく変化している。

■目次

1――コロナ禍により急減した世界のM&A取引
2――大型買収案件の中止
3――世界各国で広がる外資規制の強化
4――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

61144_ext_01_0.jpeg

金融研究部   准主任研究員

原田 哲志 (はらだ さとし)

研究・専門分野
資産運用、オルタナティブ投資、ヘッジファンド

アクセスランキング

レポート紹介

【新型コロナウイルスのグローバルM&Aマーケットへの影響-各国で広がる外資規制の強化】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

新型コロナウイルスのグローバルM&Aマーケットへの影響-各国で広がる外資規制の強化のレポート Topへ