2020年04月28日

適温相場からの急落の背景-近年の金融市場のテールリスクについての考察

金融研究部 准主任研究員・ESG推進室兼任   原田 哲志

このレポートの関連カテゴリ

新型コロナウイルス 株式 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

新型コロナウイルスの感染が拡大する前までは、金融市場はボラティリティが低下し、一見、平穏な「適温相場」と言われていた。

これは、グローバル経済の低成長化やサービス化、各国中央銀行による金融緩和の積極化が背景となっていると考えられる。その一方で、新型コロナウイルス感染拡大といった一般的な景気循環とは異なる出来事によるテールリスクは依然として潜在していた。

複雑な要素が絡み合う現在の金融市場においては、リスクの指標としてボラティリティだけではなく、複数の指標から多面的にリスクを評価・分析し、それに備える必要性が高まっていると言えるだろう。

■目次

1――平穏な相場環境からの突然の急落
2――ボラティリティが低下する一方でテールリスクは上昇
3――ボラティリティ低下とテールリスク上昇の背景
4――多面的なリスク評価の必要性
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

金融研究部   准主任研究員・ESG推進室兼任

原田 哲志 (はらだ さとし)

研究・専門分野
資産運用、オルタナティブ投資

アクセスランキング

レポート紹介

【適温相場からの急落の背景-近年の金融市場のテールリスクについての考察】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

適温相場からの急落の背景-近年の金融市場のテールリスクについての考察のレポート Topへ