2020年05月14日

「新型コロナ」「在宅勤務」に関するSNS投稿データの分析-新型コロナによる自粛生活で人々が最近感じていること

金融研究部 准主任研究員・ESG推進室兼任   原田 哲志

新型コロナウイルス 消費者行動 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

SNS上の投稿データを分析することで、「新型コロナウイルス」や「在宅勤務」について人々がどのように感じているかを調べてみた。

新型コロナウイルスについて人々は早期の収束を期待する様子が見られた。また、在宅勤務については、家族と過ごす時間的余裕ができたといった意見も多かった。一方で、家族の世話が大変といった投稿も見られた。

こうした人々が感じたことは、今後、人々の消費動向の変化やリモートワークの普及といった働き方の変化として現れてくる可能性がある。SNSの投稿から人々の感じ方や意見を調べることは、経済・社会動向の背景を考える上での一つの重要な参考情報となるかもしれない。

■目次

1――はじめに
2――SNSデータの分析
3――新型コロナウイルスに関する投稿の分析
  (1)分析方法
  (2)「新型コロナウイルス」に関する投稿の傾向
  (3)「在宅勤務」に関する投稿の傾向
4――まとめ
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

金融研究部   准主任研究員・ESG推進室兼任

原田 哲志 (はらだ さとし)

研究・専門分野
資産運用、オルタナティブ投資

アクセスランキング

レポート紹介

【「新型コロナ」「在宅勤務」に関するSNS投稿データの分析-新型コロナによる自粛生活で人々が最近感じていること】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

「新型コロナ」「在宅勤務」に関するSNS投稿データの分析-新型コロナによる自粛生活で人々が最近感じていることのレポート Topへ