2020年07月31日

欧州に忍び寄るコロナ第2波- 過去の危機の教訓は生かせるか?

経済研究部 研究理事   伊藤 さゆり

このレポートの関連カテゴリ

欧州 欧州経済 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  1. 欧州でも、感染拡大の「第2波」の兆候が見え始めるようになった。回復までに時間が掛かる場合には、政策で失業や企業の破綻を抑え続けることは次第に難しくなる。
     
  2. ユーロ圏では、コロナ前の2つの危機では、固定資本投資の水準が大きく低下し、失業率も危機前の水準に届くまでに長い時間を要した。
     
  3. 今後は、政策の見直しによる失業の急増を抑えつつ、新規雇用が見込まれる成長分野への労働力のシフト、投資を成長分野に向かわせることが今後の課題となる。
     
  4. 銀行は、コロナ危機への初期対応で経済の支え手として機能したが、今後は、与信費用を吸収し、経済を支える役割を果たせるかが問われる。
     
  5. コロナ危機の影響と政策対応力のミスマッチが、コロナ前からの圏内格差を増幅するおそれもある。
     
  6. EUのコロナ危機対応は、過去の2つの危機への対応に比べて、より速やかで、積極的だ。危機の性質の違いばかりでなく、過去の危機対応による規制・制度改革の蓄積があったこと、失敗が教訓となり、危機意識が働いたことがある。
     
  7. 復興基金は、コロナ危機を、欧州グリーンディールで掲げるグリーン化、デジタル化による経済・社会構造の転換への契機に変えるためのものだ。その成功の面でも、成長資金の供給役が期待される金融システムの安定の面でも、鍵を握るのは底上げだ。
世界経済におけるEUのシェアの推移~一層の後退に歯止めは掛かるか?~
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpeg

経済研究部   研究理事

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

アクセスランキング

レポート紹介

【欧州に忍び寄るコロナ第2波- 過去の危機の教訓は生かせるか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州に忍び寄るコロナ第2波- 過去の危機の教訓は生かせるか?のレポート Topへ