2020年07月20日

ジェネレーションαの時代-Z世代の次を考える

生活研究部 研究員   廣瀨 涼

Z世代 若年層市場・マーケット などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

変わりゆく消費文化の中で、その先頭にいたのはいつも「若者」であり、若者の消費を理解することは、現代消費文化そのものの理解に繋がると筆者は考える。筆者は昨今、若者を捉える括りとして、「Z世代(1996年~2012年に生まれた世代)」に着目し、レポートを執筆してきた。Z世代という言葉はメディアで取り上げられることも多く、耳にする機会も増えたと思われる。しかし、そもそもなぜ「Z」と彼らは呼ばれているのだろうか。本レポートでは、「Z」の由来を探り、そこから見える若者論の捉え方について考察する。また、ポストZ世代である「α世代」についても併せて言及する。

■目次

1――世代論にみる若者の捉え方
2――Z世代の由来~X世代とY世代の後継世代
3――ポストZ世代
4――α世代の展望
5――若者論に対する私論
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
61776_ext_01_0.jpeg

生活研究部   研究員

廣瀨 涼 (ひろせ りょう)

研究・専門分野
消費文化、マーケティング、ブランド論、サブカルチャー、テーマパーク、ノスタルジア

アクセスランキング

レポート紹介

【ジェネレーションαの時代-Z世代の次を考える】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ジェネレーションαの時代-Z世代の次を考えるのレポート Topへ