2020年06月19日

老後資金の取崩し(5)-早期に誤りを認めて修正するという英断も重要

金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任   高岡 和佳子

金融(ファイナンシャル)ジェロントロジー 高齢者世帯の家計・資産 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

大多数の人はリスクを避けたがる。正しくリスクを避けるためには、最も避けたいリスクを明確に理解し、更にリスクへの対処法を検討することが重要である。

では、老後の資産運用において避けるべきリスクとは何だろうか。一般的に、資産運用におけるリスクとは、期間収益率(通常1年間)のぶれの大きさを意味する。しかし当レポートでは、老後の資産運用において避けるべきリスクを、資産運用に失敗し資産が枯渇するリスクと定義し、老後の資産運用について考える。最後に、リスク対する考え方・嗜好別に、資産運用に失敗し資産が枯渇するリスクへの対処法を示す。

■目次

1――十分な資産が準備できなかったからといって、生涯にわたって資産運用し続ける
   必要はない
2――予想外の収益率変化に備える場合
  1|予想外の収益率変化に、どのように備えるか
  2|予想外に中長期平均的な収益率が低下した場合どうなるか
3――予想外の収益率変化に臨機応変に対処する場合
  1|予想外の収益率変化に、どのように対応するか
  2|予想外に中長期平均的な収益率が低下した場合どうなるか
  3|中長期平均的な収益率がほぼ予想通りだった場合の弊害
4――シリーズ総括
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
71_ext_01_0.jpeg

金融研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任

高岡 和佳子 (たかおか わかこ)

研究・専門分野
リスク管理・ALM、価格評価、企業分析

アクセスランキング

レポート紹介

【老後資金の取崩し(5)-早期に誤りを認めて修正するという英断も重要】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

老後資金の取崩し(5)-早期に誤りを認めて修正するという英断も重要のレポート Topへ