2020年04月17日

老後資金の取崩し(2)-リスクを味方につけ、より豊かな生活の実現を目指す

金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任   高岡 和佳子

金融(ファイナンシャル)ジェロントロジー 高齢者世帯の家計・資産 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

高齢者を対象としたアンケート調査結果によると、「あれば良いと考える金融商品」のトップは「投資収益率は低いが、あまり値下がりの可能性の高くない金融商品」である。

資産運用におけるリスクとは、一般的に価格変動の程度の大きさや値下がりの可能性の程度を意味する。一方、大多数の高齢者にとって金銭面で最も重視すべきリスクとは生存中に資産が枯渇する可能性であろう。では、資産運用の価格変動の程度の大きさや値下がりの可能性の程度が低いと生存中に資産が枯渇する可能性も低いのだろうか。

当レポートでは、生活水準を維持する為に定期的になるべく多くの資産を取り崩したいが、生存中に資産が枯渇するリスクも軽減したいと考える高齢者にとって、低リスク低リターンの金融商品が、必ずしも最適とは言えないこと、そして資産運用の方法や資産の取崩し方法を工夫することで、より希望に沿った生活の実現可能性を示す。

■目次

1――資産運用にはリスクが伴う
2――株式の価格変動の程度による影響の評価法
3――「二つの財布法」はリスクを味方につける
4――低リスク・低リターンの金融商品が本当に正しい選択か?
5――低リスク・低リターンのバランス型ファンドはどうだろうか?
6――総括と今後の課題
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
71_ext_01_0.jpeg

金融研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任

高岡 和佳子 (たかおか わかこ)

研究・専門分野
リスク管理・ALM、価格評価、企業分析

アクセスランキング

レポート紹介

【老後資金の取崩し(2)-リスクを味方につけ、より豊かな生活の実現を目指す】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

老後資金の取崩し(2)-リスクを味方につけ、より豊かな生活の実現を目指すのレポート Topへ