2019年10月02日

就労延長で老後の生活水準はどうなるか

金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任   高岡 和佳子

高齢者世帯の家計・資産 家計の貯蓄・消費・資産 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

退職までの期間が相対的に短い50代に限っても、退職後も生活水準を維持できる十分な資産を用意できている世帯は半数に満たない。十分な資産を用意できていない世帯が生活水準を維持するための手段として就労延長や公的年金の繰下げ受給を勧める動きがある。そこで、就労延長や公的年金の繰下げ支給の選択により、退職後の生活水準が改善する世帯の特徴を確認した。

結果、公的年金繰下げ支給は、生活水準の大幅な低下が見込まれる夫婦世帯には改善効果がなく、高所得世帯や生活水準の大幅な低下が見込まれない世帯にとって、生活水準の低下を回避する効果が大きいことがわかった。一方、就労延長には、低所得生態ほど生活水準の低下を抑制する効果が大きく、パートやアルバイトの従業員として就労する場合でも、十分な効果が確認できた。

■目次

1――就労延長という選択肢
2――就労延長期間中に期待できる収入
3――就労延長などによる効果
4――まとめと今後の課題
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

金融研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任

高岡 和佳子 (たかおか わかこ)

研究・専門分野
リスク管理・ALM、価格評価、企業分析

アクセスランキング

レポート紹介

【就労延長で老後の生活水準はどうなるか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

就労延長で老後の生活水準はどうなるかのレポート Topへ