2020年05月25日

新型コロナウィルスと各国経済-双子の赤字と財政ファイナンス

経済研究部 准主任研究員   高山 武士

欧州 金融政策 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 新型コロナウィルスが猛威をふるうなか、各国では封じ込め政策における行動制限とともに、各種の財政政策や金融政策を実施してきた。
     
  • 本稿ではこれら各国中央銀行の金融政策、財政収支の状況を調査する。
     
  • 調査結果を要約すると以下の通りである。
 

【金融政策】
・先進国・新興国を問わず、金融政策は「(1)伝統的手段である流動性供給において金融仲介機能を維持させる工夫」や「(2)非伝統的手段の積極的な採用」がなされている。
-(1)は民間企業貸出を優遇するインセンティブ付の流動性供給が代表例である。
-(2)は量的緩和(国債等購入)および、質的緩和・信用緩和(社債等購入)が代表例である。

・これらは危機時の「金融システムの機能不全」を防止する手段として実施されている。
-金融システム機能不全防止のため、中央銀行は積極的に民間の信用リスクを引き受けている。
-中央銀行は、量的緩和で国の信用リスクを引き受けている、という面がある。

【各国の信用リスク(ソブリンリスク)】
・新興国を中心に信用リスクプレミアムが上昇している。

【双子の赤字】
・双子の赤字を抱える国は信用リスクプレミアムが大きい国の代表例である。

【長期戦に向けて】
・経済・政治基盤の弱い新興国や経常赤字国では、自国の財政出動と金融政策だけで危機を乗り切ることが難しい状況になることが考えられる。

・経済・政治基盤の強い国がリーダーシップを発揮し、これらの国を支援することが重要だろう。


■目次

1――概要
2――各国の金融政策張
3――各国の信用リスク
4――信用リスクが大きい国と双子の赤字
5――コロナショックは「一時的」か
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

経済研究部   准主任研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
欧州経済、国際経済

アクセスランキング

レポート紹介

【新型コロナウィルスと各国経済-双子の赤字と財政ファイナンス】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

新型コロナウィルスと各国経済-双子の赤字と財政ファイナンスのレポート Topへ