2020年04月10日

20年を迎えた介護保険の足取りを振り返る(下)-制度改正に共通して見られる4つの傾向

保険研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任   三原 岳

医療・介護制度改革 高齢者の医療・介護 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

加齢による要介護リスクをカバーするための社会保険制度として、介護保険制度が発足して4月で20年を迎えた。(上)では制度創設時の議論や理念として、高齢者の自己選択や地方分権などが重視されていた点を考察するとともに、介護保険財政の逼迫を受け、近年の傾向として、地域支援事業が重視されている背景や問題点を論じた。

(下)では過去の制度改正に共通して見られる傾向として、(1)自立の変容、(2)措置への回帰傾向、(3)集権化の動き、(4)制度の複雑化――という4つを取り上げ、その背景として財政の逼迫が影響している点を指摘する。さらに人手不足が制度の制約条件となっている点も論じ、今後の方向性を探る。

■目次

1――はじめに~20年を迎えた介護保険の変化を振り返る~
2――制度改正の経緯
3――20年の変化(1)~自立の変容~
  1|制度創設時の「自立」
  2|「自立支援介護」の浮上
4――20年の変化(2)~措置への回帰傾向~
  1|給付の権利性
  2|地域ケア会議が持つ5つの機能
  3|地域ケア会議が持つ措置的な側面
5――20年の変化(3)~集権化の動き~
  1|地方分権の「試金石」としての介護保険
  2|保険者機能強化推進交付金による誘導
6――20年の変化(4)~制度の複雑化~
  1|負担と給付の関係明確化
  2|財政構造の複雑化
  3|サービスコードの複雑化
7――有効な解決策が見えない人手不足
8――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任

三原 岳 (みはら たかし)

研究・専門分野
医療・介護・福祉、政策過程論

アクセスランキング

レポート紹介

【20年を迎えた介護保険の足取りを振り返る(下)-制度改正に共通して見られる4つの傾向】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

20年を迎えた介護保険の足取りを振り返る(下)-制度改正に共通して見られる4つの傾向のレポート Topへ