2020年02月21日

Z世代の情報処理と消費行動(4)-若者マーケティングに対する試論(2)

生活研究部 研究員   廣瀨 涼

ダイバーシティ(多様性)社会 消費者行動 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

前回のレポートで筆者は、若者を属性でセグメンテーションすることは困難であり、代わりに「クラスタ」を用いたターゲティングを提案した。若者文化の文脈では「クラスタ」とは“仲間や〇〇が好きな人たち”という意味で「オタク」と同義で使われている。

併せて、若者はオタクという言葉自体を“趣味”という意味合いで使用するため、オタクを趣味から転じてアイデンティティと同義で使っている。以上を整理するとクラスタはZ世代にとって「アイデンティティ」を構築するものであるといえる。

本レポートでは、クラスタがアイデンティティを補完するという点に着目し、クラスタを用いたターゲティングの有用性について論じる。

■目次

前回の要約
1――若者が持つ複数の顔
2――一人の消費者は多様な“ハッシュタグ”で構成されている
3――アイドルオタクもアニメオタクもK-popオタクも共有しているものとは
4――まとめ
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
61776_ext_01_0.jpeg

生活研究部   研究員

廣瀨 涼 (ひろせ りょう)

研究・専門分野
消費文化、マーケティング、ブランド論、サブカルチャー、テーマパーク、ノスタルジア

アクセスランキング

レポート紹介

【Z世代の情報処理と消費行動(4)-若者マーケティングに対する試論(2)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

Z世代の情報処理と消費行動(4)-若者マーケティングに対する試論(2)のレポート Topへ