2020年02月06日

Z世代の情報処理と消費行動(2)-Z世代と4つの市場変化

生活研究部 研究員 廣瀨 涼

このレポートの関連カテゴリ

文字サイズ

■要旨

日々市場の形態は変化している。筆者が生まれた平成元年にはまだインターネットショッピングは存在していなかった。しかし2000年前後のヤフーオークションの誕生やamazonによる流通革命により、わずか20年でネットショッピングはあたかも昔から存在していたかのように、我々の購買方法の選択肢として定着した。Z世代においては、一期生である1996年生まれが小学校に入学した時には「Amazonマーケットプレイス」がオープンしており、彼らの多くは、ネットショッピングが存在していない時代を知らないのである。このように変化を続ける市場の中で、Z世代の消費行動も大きな影響を受けており、その消費に対する価値観の元、彼らは独自の消費文化を築いてきた。

本レポートではZ世代が大きな影響を受けた4つの市場変化である(1)Digital Natives(デジタルネイティブ)、(2)Freemium(フリーミアム)、(3)Subscription(サブスクリプション)、(4)Creative & Edit(制作と編集技術)に焦点を置き、彼らの消費行動について考察する。

■目次

1――Z世代が影響を受けた4つの市場変化
2――Digital Natives(デジタルネイティブ)
3――Freemium(フリーミアム)
4――Subscription(サブスクリプション)
5――Creative & Edit(制作と編集技術)
6――まとめ
Xでシェアする Facebookでシェアする

このレポートの関連カテゴリ

生活研究部   研究員

廣瀨 涼 (ひろせ りょう)

研究・専門分野
消費文化、マーケティング、ブランド論、サブカルチャー、テーマパーク、ノスタルジア

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【Z世代の情報処理と消費行動(2)-Z世代と4つの市場変化】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

Z世代の情報処理と消費行動(2)-Z世代と4つの市場変化のレポート Topへ