2020年02月06日

文在寅政府の医療政策「文在寅ケア」は成功しただろうか?

生活研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任   金 明中

アジア・新興国 アジアの社会保障制度 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
  • 2018年から、文在寅政府の「健康保険の保障性強化対策」、いわゆる文在寅ケアが実施された。この対策は、文在寅大統領の選挙公約の一つで、国民の医療費負担を減らし、医療に対するセーフティネットを強化することを目的にしている。
     
  • 文在寅ケアの主な内容としては、(1)健康保険が適用されていない3大保険外診療を含めた保険外診療の段階的な保険適用、(2)脆弱階層の自己負担軽減、低所得層の自己負担上限額の引き下げ、(3)災難的医療費支出に対する支援事業の制度化及び対象者の拡大などが挙げられる。
     
  • 「文在寅ケア」の最も評価できる部分は、保険外診療であったCTやMRI等が段階的に保険適用されることにより、国民の自己負担が減ったことである。
     
  • 「文在寅ケア」の最大の課題は財政負担急増により財政が悪化する恐れがあることである。保障率を上げるために国からの財源投入は避けられないものの、増え続ける財源をどこから確保するのかに関する議論が十分ではないことは問題であるだろう。
     
  • 「文在寅ケア」の実施がモラルハザードによる医療サービスの需要増加に繋がらないようにするためには、外来診療によって患者の医療を担当する1次医療機関の役割を強化するなど医療機関の役割分担を迅速に推進する必要がある。

■目次

・2018年から「文在寅ケア」を実施
・「文在寅ケア」の主な内容は?
・「文在寅ケア」に対する評価は?
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

生活研究部   主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任

金 明中 (きむ みょんじゅん)

研究・専門分野
社会保障論、労働経済学、日・韓社会政策比較分析、韓国経済

アクセスランキング

レポート紹介

【文在寅政府の医療政策「文在寅ケア」は成功しただろうか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

文在寅政府の医療政策「文在寅ケア」は成功しただろうか?のレポート Topへ