2017年01月17日

【アジア・新興国】なぜ韓国では民間医療保険の加入率が高いのか?-韓国における実損填補型保険の現状や韓国政府の対策-

生活研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任   金 明中

アジア・新興国 中国・アジア保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 韓国では公的医療保険の保障率が低いことを理由に、多くの人々が民間医療保険に加入している。民間医療保険の中でも特に加入率が高いのは「実損填補型の医療保険(以下、実損填補型保険)」である。
     
  • 韓国における2015年の世帯の民間医療保険の加入率は88.1%で、世帯の1ヶ月平均民間医療保険の保険料は308,265ウォンまで増加している。これは世帯の1ヶ月平均公的医療保険の保険料の約3倍の水準である。
     
  • 韓国政府は、過剰診療や医療ショッピングの増加等の実損填補型保険の問題点を改善するために2016年12月に「実損填補型保険の改善案」を公表し、段階的に実施することを計画している。
     
  • 韓国政府が発表した実損填補型保険の改善案により、医療機関の過剰診療や、一部加入者による医療ショッピング等はある程度改善されると期待されている。
     
  • しかしながら公的医療保険の低い保障率と診療報酬により広がっている医療制度のゆがみを改善するためには、まず公的医療保険制度自体を強化する必要があるだろう。国民の医療に対する国の責任を韓国政府は忘れてはならない。


■目次

1――はじめに
2――民間医療保険への加入状況
3――実損填補型保険の改善案と期待効果
  (1)各社の商品構造改善による自律的な市場規律の確立
  (2)政府が実損填補型保険と関連したインフラを構築することにより、
    国民医療費の負担を軽減
  (3)各社の加入・切り替え・請求の手続き簡素化で消費者の便益を向上
4――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

生活研究部   主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任

金 明中 (きむ みょんじゅん)

研究・専門分野
社会保障論、労働経済学、日・韓社会政策比較分析、韓国経済

アクセスランキング

レポート紹介

【【アジア・新興国】なぜ韓国では民間医療保険の加入率が高いのか?-韓国における実損填補型保険の現状や韓国政府の対策-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

【アジア・新興国】なぜ韓国では民間医療保険の加入率が高いのか?-韓国における実損填補型保険の現状や韓国政府の対策-のレポート Topへ