icon_medical.png
医療・ヘルスケア
2018年05月23日

人間ドック、どこで受けても同じなの? 

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   村松 容子

医療制度・ヘルスケア早分かり ライフデザイン などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

健康を維持するためには、健康を害する要因を取り除くことと、定期的に検査をし、なるべく早く異常を見つけて対処することが大切です。

人間ドックは、一般健診や特定健診等と同じ項目だけでなく、より幅広い項目の検査を受けることができます。また、施設によって検査項目も費用も異なります。

幅広い選択肢があるうえ、高額負担となることも多いことから、いつ、どこの施設で受けるべきかについて、多くの方が1度は頭を悩ませたことがあるのではないでしょうか。

ここでは、一般に、どのような施設選択基準があるかを紹介します。

■目次

はじめに
1――施設選択のポイント
2――最近のトピックス
  1|施設間の差異を埋める動き
  2|施設差別化の動き
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
54_ext_01_0.jpg

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

村松 容子 (むらまつ ようこ)

研究・専門分野
健康・医療

レポート

アクセスランキング

【人間ドック、どこで受けても同じなの? 】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

人間ドック、どこで受けても同じなの? のレポート Topへ