2015年10月27日

不妊治療保険について-現状と今後の方向性

保険研究部 上席研究員   小林 雅史

文字サイズ

■要旨

金融審議会「新しい保険商品・サービスの提供等の在り方に関するワーキンググループ」は、2013 年6月7日に報告書「新しい保険商品・サービス及び募集ルールの在り方について」を取りまとめた。

この報告書においては、今日的な保険募集ルールの整備と、商品・サービス面における「保険金の直接支払いサービス」および「不妊治療保険」の開発が提言されている。

不妊治療保険については、「不妊治療への社会的関心は高まっているが、その治療内容によっては多額の費用を要することから、当該費用をてん補するための保険に対する需要が高まりつつある」と提言されており、本稿では、不妊治療の現状と今後の方向性について報告する。

このレポートの関連カテゴリ

81_ext_01_0.jpg

保険研究部   上席研究員

小林 雅史 (こばやし まさし)

研究・専門分野
保険法・保険業法、英国の約款規制・募集規制等、代理店制度・保険仲立人制度

(2015年10月27日「基礎研レター」)

レポート

アクセスランキング

【不妊治療保険について-現状と今後の方向性】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

不妊治療保険について-現状と今後の方向性のレポート Topへ