2013年09月24日

ソルベンシーIIの検討状況 - 長期保証契約影響度調査の結果公表後の各界の反応など

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   安井 義浩

文字サイズ

【要旨】

欧州ソルベンシーIIは、長期保証契約影響度調査の結果を受けて、EIOPAからいくつかの修正提案がなされている。各国監督者や保険会社などからは、全体の議論の進展は評価しつつ、修正提案についてもなお、ボラティリティやプロシクリカリティへの対応については不充分との指摘もなされており、こうした点が今後の検討の中心になると予想される。ソルベンシーIIに関するEU指令の最終的な議決は現在のところ2014年3月とされており、2016年以降の開始が見込まれる。

このレポートの関連カテゴリ

27_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

安井 義浩 (やすい よしひろ)

研究・専門分野
保険会計・計理、共済計理人・コンサルティング業務

(2013年09月24日「保険・年金フォーカス」)

レポート

アクセスランキング

【ソルベンシーIIの検討状況 - 長期保証契約影響度調査の結果公表後の各界の反応など】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ソルベンシーIIの検討状況 - 長期保証契約影響度調査の結果公表後の各界の反応などのレポート Topへ