2009年02月02日

日本株投資戦略 ~外国人売買が投資指標の有効性に影響~

  伊藤 拓之

文字サイズ

日本市場で長い間有効であった主要な投資指標(PER など)の効果が、2007年夏以降に薄れている。外国人売買動向との関係から調査したところ、外人売りが主要な投資指標の有効性低下の一因であることが分かった。

このレポートの関連カテゴリ

伊藤 拓之

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【日本株投資戦略 ~外国人売買が投資指標の有効性に影響~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日本株投資戦略 ~外国人売買が投資指標の有効性に影響~のレポート Topへ