2007年05月21日

市場公募地方債の流通利回りと信用リスク

経済研究部 主任研究員   石川 達哉

文字サイズ

   すべての市場公募地方債の発行条件決定に際して「個別条件交渉方式」の適用が開始された2006年10月債以来、新発債利回りが発行団体別の既発債流通利回りから大きく乖離することなく決まる傾向が強まっている。一方、過去5年間の年度末における既発10年債の流通利回りを計量分析すると、市場公募地方債発行団体に対する格付け、経常収支比率や財政力指数などの普通会計決算指標、償還までの残存日数等を説明変数とする推定モデルによって、国債とのスプレッドの88%の変動を説明することができる。これらの事実から、格付けに代表される地方公共団体に対する評価が市場公募地方債の発行を通じた資金調達コストに反映される度合いは大きいと言え、このコストを抑えるためには各団体が財政状況を改善させ、市場の信認を高めることが一層重要になっている。

このレポートの関連カテゴリ

44_ext_01_0.jpg

経済研究部   主任研究員

石川 達哉 (いしかわ たつや)

研究・専門分野
財政・税制、家計貯蓄・住宅

レポート

アクセスランキング

【市場公募地方債の流通利回りと信用リスク】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

市場公募地方債の流通利回りと信用リスクのレポート Topへ