2004年08月25日

簡保民営化問題の論点

  明田 裕

文字サイズ

郵政民営化の中での簡保事業のデザインに際しては、民間生保との競争条件の格差を縮めることが何より肝要であり、民営化後の契約に対する国家保証の廃止、各種租税の負担は当然のこととして、3事業の分離、新旧勘定の分離も必須である。
ただ、こうした対応をおこなっても、郵便局を拠点に簡保業務が行なわれる限り、競争条件は完全に同一にはならない。その場合、競争条件のなお残る格差に見合った制約(加入上限設定の継続・強化など)を新たな簡保事業に課していくことが必要だろう。

このレポートの関連カテゴリ

明田 裕

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【簡保民営化問題の論点】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

簡保民営化問題の論点のレポート Topへ