2023年10月05日

日本のエネルギー政策の現状と課題~再生可能エネルギーは環境に優しいが高コストか~

金融研究部 准主任研究員・ESG推進室兼任 原田 哲志

文字サイズ

■要旨

近年では規模のメリットの向上や技術革新により、太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーのコストの大幅な低下が続いている。カーボンニュートラルの実現やエネルギーコストの低減による産業競争力の強化が求められており、再生可能エネルギーのさらなる活用は避けられないものとなっている。現在では、再生可能エネルギーの地域や社会との共生、エネルギーの安定供給といった社会の要請を踏まえエネルギー政策を推進していくことが求められている。

■目次

1――日本のエネルギー供給を取り巻く環境
2――世界的な再生可能エネルギー価格の低下
3――地政学リスクの高まり
4――日本のエネルギー政策の今後の課題
Xでシェアする Facebookでシェアする

金融研究部   准主任研究員・ESG推進室兼任

原田 哲志 (はらだ さとし)

研究・専門分野
資産運用、オルタナティブ投資

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【日本のエネルギー政策の現状と課題~再生可能エネルギーは環境に優しいが高コストか~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日本のエネルギー政策の現状と課題~再生可能エネルギーは環境に優しいが高コストか~のレポート Topへ