2023年09月27日

お酒についてシラフで考える-日本酒とファシリテーション-

社会研究部 研究員 島田 壮一郎

このレポートの関連カテゴリ

文字サイズ

■要旨

酒類の消費量は様々な要因から減少傾向にある。その中でも割合が増加しているもの減少しているものが見られる。一方、日本酒の消費量はピーク時の1/4程度まで減少している。その内容をみると減少しているものは普通酒がほとんどであり、いわゆる特定名称酒の減少幅は少なく、日本酒の消費量に対する割合は増加している。また、輸出量も年々増加している。これらのことから、日本酒の楽しみ方や範囲などが広がっていることが分かる。このような現状の中で利き酒師などの日本酒提供者の役割に期待される。

本稿では日本酒提供者の役割を考えるにあたって、ファシリテーションの技法に当てはめることによって、お客様と対峙する場面だけでなく、事前の準備に関してもその役割を果たすことを述べる。

■目次

1――はじめに
2――アルコール飲料販売数量の推移
3――日本酒を楽しむために
  1|日本酒の味を知るための情報
  2|日本酒提供者の役割
  3|コミュニケーションを補助する技法
  4|日本酒の提供とファシリテーション
4――まとめ
Xでシェアする Facebookでシェアする

このレポートの関連カテゴリ

社会研究部   研究員

島田 壮一郎 (しまだ そういちろう)

研究・専門分野
都市・地域計画、住民参加、コミュニケーション、合意形成

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【お酒についてシラフで考える-日本酒とファシリテーション-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

お酒についてシラフで考える-日本酒とファシリテーション-のレポート Topへ