2023年06月21日

定額年金を中心に米国個人年金市場は絶好調-中期でも年間3000億ドル超の販売額が続く見通し-

保険研究部 主任研究員・気候変動リサーチセンター兼任 磯部 広貴

文字サイズ

■要旨

過去20年間、米国の個人年金販売額は概ね年間2,000億ドルから2,500億ドルの範囲内にあったが、2022年はこれを大きく上回り過去最高の3,128億ドルに至った。
 
2023年第1四半期は920億ドルと前年同期比47%増、四半期として過去最高の販売額となった。景気後退が意識される中、元本確保機能を持つ定額年金への需要が堅調であったことによる。
 
2024年には金利の低下による減速が予測されるものの、人口動態の影響もあって基本的に年間3,000億ドル超の販売額が2027年まで続く見通しである。

■目次

1――はじめに
2――2023年第1四半期の動向と通年見通し
3――中期見通し
4――おわりに
Xでシェアする Facebookでシェアする

保険研究部   主任研究員・気候変動リサーチセンター兼任

磯部 広貴 (いそべ ひろたか)

研究・専門分野
内外生命保険会社経営・制度(販売チャネルなど)

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【定額年金を中心に米国個人年金市場は絶好調-中期でも年間3000億ドル超の販売額が続く見通し-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

定額年金を中心に米国個人年金市場は絶好調-中期でも年間3000億ドル超の販売額が続く見通し-のレポート Topへ