2023年01月25日

2035年、85歳以上人口1,000万人時代の到来~埼玉、千葉、神奈川3県では2021年より8~9割増加

生活研究部 准主任研究員・ジェロントロジー推進室兼任 坊 美生子

文字サイズ

■要旨

国立社会保障・人口問題研究所の将来推計によると、2035年、85歳以上の高齢者の人口が、全国で1,000万人を超える。都道府県別にみると、埼玉、千葉、神奈川3県では2021年からの増加率が8~9割に上る。日本はこれまでも世界トップレベルの超高齢社会だったが、「高齢者の高齢化」がますます進んでいる。個人差はあるものの、85歳以上になると、多くの人は自立度が低下し、要介護の人や認知症の人も増える。85歳以上の高齢者が地域に増えると、ハード・ソフトともに、これまでとは違う備えが必要になるだろう。医療介護のみならず、バリアフリーのまちづくりや住宅、移動、小売、金融など、幅広い領域で高齢者向けの設備やサービスが必要である。民間だけで行うにはハードルが高く、行政だけで行うにも財源や人材が足りないため、官民が協力して、公的サービスと保険外サービスを組み合わせて提供していくことが望まれる。「85歳以上1,000万人時代」にどう備えるか、今から検討が必要ではないだろうか。

■目次

1――はじめに
2――高齢化の状況
3――都道府県別の状況
  1|都道府県別の85歳以上人口
  2|都道府県別の85歳以上人口増加率
4――85歳以上高齢者の心身の状態
5――85歳以上高齢者のニーズ
6――おわりに
Xでシェアする Facebookでシェアする

生活研究部   准主任研究員・ジェロントロジー推進室兼任

坊 美生子 (ぼう みおこ)

研究・専門分野
中高年女性の雇用と暮らし、高齢者の移動サービス、ジェロントロジー

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【2035年、85歳以上人口1,000万人時代の到来~埼玉、千葉、神奈川3県では2021年より8~9割増加】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2035年、85歳以上人口1,000万人時代の到来~埼玉、千葉、神奈川3県では2021年より8~9割増加のレポート Topへ