2022年06月01日

ユーロ圏消費者物価(22年5月)-物価上昇の裾野も広がり、8%を超える

経済研究部 准主任研究員   高山 武士

欧州 ユーロ圏消費者物価指数 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

1.結果の概要:前年同期比で8%台の伸び率に

5月31日、欧州委員会統計局(Eurostat)は3月のユーロ圏のHICP(Harmonized Indices of Consumer Prices:EU基準の消費者物価指数)速報値を公表し、結果は以下の通りとなった。
 

【総合指数】
前年同月比は8.1%、市場予想1(7.8%)を上回り、前月(7.4%)から加速(図表1)
前月比は0.8%、予想(0.6%)を上回り、前月(0.6%)からは加速

【総合指数からエネルギーと飲食料を除いた指数2
前年同月比は3.8%、予想(3.6%)を上回り、前月(3.5%)から加速(図表2)
前月比は0.5%、前月(1.1%)から減速した

(図表1)ユーロ圏のHICP上昇率/(図表2)ユーロ圏のHICP上昇率
 
1 bloomberg集計の中央値。以下の予想値も同様。
2 日本の消費者物価指数のコアコアCPI、米国の消費者物価指数のコアCPIに相当するもの。ただし、ユーロ圏の指数はアルコール飲料も除いており、日本のコアコアCPIや米国のコアCPIとは若干定義が異なる。

2.結果の詳細:6か国では前年比2桁の伸び率に

22年5月のHICP上昇率(前年同月比)は全体で8.1%となり、4月の7.4%から大幅に加速した。「コア部分(=エネルギーと飲食料を除く総合)」も3.8%と前月(3.5%)から加速した。以下で見る通り5月はエネルギーの伸び率が高止まるなかで、飲食料の伸びが全体の伸び率を押し上げた。また、コア部分も4月時点で幅広いカテゴリの加速が見られており、インフレ圧力は強い。

4月の伸び率はエネルギー価格の減速を受けて、3月と同じ伸び率となっていたが、5月は再びデータ公表以来の最も高い伸び率を更新したことになる。

以下、詳細を「コア部分」「エネルギー」「飲食料(アルコール含む)」の3つに分けて見ていく。

まず、コア部分である「エネルギーと飲食料を除く総合」の内訳を見ると、「エネルギーを除く財(飲食料も除く)」は3月3.4%→4月3.8%→5月4.2%と4%台に突入した。「サービス」(エネルギーを除く)も3月2.7%→4月3.3%→5月3.5%と3%超で加速が続いている(図表3)。

品目別に見ると、4月までのデータであるが、娯楽業が2月3.1%→3月3.1%→4月3.6%、外食・宿泊業が2月4.4%→3月5.1%→4月5.9%と対面サービス産業の加速が続いている。また、光熱費(4月15.9%)や輸送(4月13.0%)がエネルギー価格高騰の影響を受けて2桁の伸び率が続いているほか、家具も2月3.8%→3月4.2%→4月5.0%と加速が顕著になっている。

コア以外の部分では「エネルギー」が前年同月比で3月44.3%→4月37.5%→5月39.2%と再び上昇幅か拡大し、前月比では2.0%(4月は▲4.1%)とプラスになった(図表3)。前年同期比の寄与度は3.77%ポイント程度(4月は3.70%ポイント)だった(前掲図表1)。
(図表3)ユーロ圏のエネルギー価格水準/(図表4)ユーロ圏の飲食料価格の上昇率と内訳
「飲食料(アルコール含む)」は、前年同月比で7.5%(4月6.3%)となった。飲食料のうち加工食品の伸び率は7.0%(4月5.4%)、未加工食品は9.1%(4月9.2%)であり、未加工食品の高めの伸び率が続くなかで、加工食品の加速が飲食料全体の伸びをけん引している(図表4)。飲食料の前年同期比寄与度は1.68%ポイント程度(4月は1.35%ポイント)まで拡大している。
(図表5)ユーロ圏HICP上昇率(前年同月比)/(図表6)ユーロ圏HICP上昇率(前月比)
国別のHICP上昇率では、5月は前年同月比で19か国中18か国が加速しており、2桁の伸び率を記録している国が6か国(エストニア、リトアニア、ラトビア、スロバキア、ギリシャ、オランダ)ある(図表5)。前月比では19か国中オランダを除く国がプラスの伸び率だった(図表6)。
 
 

(お願い)本誌記載のデータは各種の情報源から入手・加工したものであり、その正確性と安全性を保証するものではありません。また、本誌は情報提供が目的であり、記載の意見や予測は、いかなる契約の締結や解約を勧誘するものではありません。
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

経済研究部   准主任研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
欧州経済、世界経済

(2022年06月01日「経済・金融フラッシュ」)

アクセスランキング

レポート紹介

【ユーロ圏消費者物価(22年5月)-物価上昇の裾野も広がり、8%を超える】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ユーロ圏消費者物価(22年5月)-物価上昇の裾野も広がり、8%を超えるのレポート Topへ