2022年04月22日

商業施設売上高の長期予測(2)-少子高齢化・EC市場拡大・コロナ禍による消費行動の変容が商業施設売上高に及ぼす影響

金融研究部 主任研究員   佐久間 誠

少子高齢化 不動産市場・不動産市況 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 本稿では、(1)少子高齢化、(2)EC市場拡大、(3)コロナ禍による消費行動の変容、の3点に注目し、複数のシナリオのもと、2040年までの商業施設売上高を、シミュレーションした。
     
  • 商業施設売上高は、2019年を100とすると、2030年に87.5~94.3、2040年に77.3~85.8となる見通しである。今後、コロナ禍が収束に向かったとしても、少子高齢化とEC市場拡大の影響が本格化することで、下押し圧力が継続もしくは強まっていく。
     
  • 2019年から2040年までの変化を要因分解すると、少子高齢化が▲7.5%、EC市場拡大が▲10.5%~▲6.5%、コロナ禍による影響が▲4.7%~▲0.2%の寄与となる。コロナ禍は商業施設の売上に多大な影響を及ぼしたが、今後20年の長期的な観点では、少子高齢化やEC市場拡大の影響がより重要である。
     
  • ポストコロナの消費者像がどのような姿になるかによって、旅行サービスや外食といったコト消費のほか、モノ消費においても被服・靴や家電などの品目では、売上環境が大きく変化する可能性がある。コロナ禍収束の見通しが立ち難いなか、これらの品目は先行きの不確実性が高いと言える。


■目次

1――商業施設はコロナ禍の不確実性に加え、少子高齢化とEC市場拡大が逆風に
2――少子高齢化の商業施設売上高への影響
  1|将来の人口・世帯数の推移
  2|単身世帯増加による物販・外食・サービス支出への影響
  3|高齢化による物販・外食・サービス支出への影響
3――EC市場拡大による商業施設売上高への影響
  1|EC市場拡大の動向
4――商業施設の売上環境のシミュレーション手法とシナリオ設定
  1|シミュレーション手法
  2|コロナ禍による消費行動の変容に関するシナリオ設定
5――2040年までの商業施設の売上環境のシミュレーション結果
  1|物販・外食・サービス支出の見通し
  2|商業施設売上高の見通し
  3|可処分所得が増加した場合の商業施設売上高の見通し
6――長期的な下押し圧力のなか、運営力強化と投資対象の選別が求められる
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

金融研究部   主任研究員

佐久間 誠 (さくま まこと)

研究・専門分野
不動産市場、金融市場、不動産テック

アクセスランキング

レポート紹介

【商業施設売上高の長期予測(2)-少子高齢化・EC市場拡大・コロナ禍による消費行動の変容が商業施設売上高に及ぼす影響】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

商業施設売上高の長期予測(2)-少子高齢化・EC市場拡大・コロナ禍による消費行動の変容が商業施設売上高に及ぼす影響のレポート Topへ