2022年03月11日

アフターコロナのライフスタイルを考える

金融研究部 准主任研究員・ESG推進室兼任   原田 哲志

新型コロナウイルス ライフデザイン などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

新型コロナウイルスは世界各国で人々の生活に大きな影響を与えており、感染防止を目的とした集会や会食などの制限が行われるとともに、テレワークなどオンラインコミュニケーションツールの活用が進んだ。

テレワークの普及は、子育てや介護をしている人など従来の環境では働くことが難しかった人が就業する機会や労働者が家族と過ごす時間の増加につながっている。その一方で、全ての人がこうした恩恵を受けているわけではない。デジタル化による格差の拡大が懸念される中、全ての人がデジタル化の恩恵を受けられる社会の構築が求められるだろう。

■目次

1――各国がコロナ禍の出口を模索
2――コロナ禍に関する人々の声
3――アフターコロナのライフスタイル
4――終わりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

金融研究部   准主任研究員・ESG推進室兼任

原田 哲志 (はらだ さとし)

研究・専門分野
資産運用、オルタナティブ投資

アクセスランキング

レポート紹介

【アフターコロナのライフスタイルを考える】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

アフターコロナのライフスタイルを考えるのレポート Topへ