2022年01月26日

2021年4~12月の自社株買い動向~設定額はコロナ禍前の2019年の水準まで回復、アナウンスメント効果も引き続き有効

金融研究部 研究員   森下 千鶴

このレポートの関連カテゴリ

株式 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

2021年4~12月の東証1部上場企業の自社株買いは、自社株買い設定金額、件数ともにコロナ禍前の2019年の水準まで回復した。
 
自社株買いを設定した企業の株価は2021年も概ねポジティブに反応しており、アナウンスメント効果は引き続き有効であった。
 
自社株買いの設定時期には季節性があり、5月、11月、2月の決算発表時期に増加する傾向がある。
 
新型コロナウイルスの収束時期はいまだ不透明だが、中長期的かつ持続的な企業価値向上を目指し、経営戦略の一つとして自社株買いをする企業が増えている。

■目次

■コロナ禍以前の水準まで回復
■株価はポジティブな反応
■自社株買いの季節性
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

金融研究部   研究員

森下 千鶴 (もりした ちづる)

研究・専門分野
株式市場・資産運用

アクセスランキング

レポート紹介

【2021年4~12月の自社株買い動向~設定額はコロナ禍前の2019年の水準まで回復、アナウンスメント効果も引き続き有効】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2021年4~12月の自社株買い動向~設定額はコロナ禍前の2019年の水準まで回復、アナウンスメント効果も引き続き有効のレポート Topへ