2021年07月02日

ウィズコロナ・ポストコロナの消費者像~「新型コロナによる暮らしの変化に関する調査」

生活研究部 上席研究員   久我 尚子

新型コロナウイルス 消費者行動 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■目次

1――はじめに
 ~激変する消費行動、「新型コロナによる暮らしの変化に関する調査」から見えるものは
2――ウィズコロナにおける消費行動の変容
 ~外出型消費の激減と巣ごもり消費の活発化
  1|買い物手段の変容
   ~店舗の利用は徐々に再開されるがネットショッピングへデジタルシフト
  2|食生活の変容
   ~過半数で外食控えが続く中、外食需要がテイクアウトなど中食・内食へシフト
  3|移動手段の変容
   ~公共交通機関の利用控えが続き、一部は自家用車などのセルフ手段へシフト
  4|教養娯楽生活の変容
   ~外出型消費は激減の一方、巣ごもり型のデジタル消費は活発化
  5|働き方の変容
   ~テレワークは就業者の約4割にとどまるものの、利用者では定着化の様子も
3――ポストコロナの消費者像
 ~生活や家族を重視する暮らし、働き手や価値観の多様化
  1|在宅勤務による可処分時間の増加
   ~週3日在宅勤務で可処分時間は4時間以上増加
  2|生活や家族を重視する暮らし
   ~テレワーク経験者の6割以上がコロナ禍で生活を一層重視
  3|多様な人材の活躍・価値観の多様化
   ~育児や介護との両立、男性の育休取得で少子化抑制も
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

生活研究部   上席研究員

久我 尚子 (くが なおこ)

研究・専門分野
消費者行動、心理統計、マーケティング

アクセスランキング

レポート紹介

【ウィズコロナ・ポストコロナの消費者像~「新型コロナによる暮らしの変化に関する調査」】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ウィズコロナ・ポストコロナの消費者像~「新型コロナによる暮らしの変化に関する調査」のレポート Topへ