2021年03月23日

国際金融センター実現に向けた日本の取組み

総合政策研究部 研究員   坂田 紘野

国際金融都市 日本経済 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 国内で国際金融センターとしての地位向上を目指す動きが活発化している。
     
  • 国際金融センターとしての評価はニューヨークやロンドンが高く、東京はアジアの他都市と地位を争っているのが現状だ。
     
  • 国際金融センターを目指す菅政権の方針もあり、政府、地方自治体それぞれで国際金融センター実現に向けた取組みが進められているものの、実現に向けた課題も多く、日本が国際金融センターとなることは簡単ではない。
     
  • 国際金融センターの実現に向けては、「今回がラストチャンス」との危機感の下、各ステークホルダーが協働して取組みを進めることが求められるだろう。


■目次

1――国際的に見た金融市場
2――国際金融センターインデックスランキング
3――国内の発言・動向
4――国際金融センターに向けた日本の課題と取組み
  1|税制改正による税の軽減措置の実施
  2|英語化、ワンストップ化の進展によるビジネス環境、生活環境の機能強化
  3|「貯蓄から投資(資産形成)へ」、個人金融資産の潜在性の活用は道半ば
  4|資産運用業、フィンテック産業の誘致・育成
5――「ラストチャンス」をものにするにはステークホルダーの協力体制が重要
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

総合政策研究部   研究員

坂田 紘野 (さかた こうや)

研究・専門分野
日本経済

アクセスランキング

レポート紹介

【国際金融センター実現に向けた日本の取組み】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

国際金融センター実現に向けた日本の取組みのレポート Topへ