2021年02月18日

経済安全保障の視点で見る「中央銀行デジタル通貨(CBDC)」

総合政策研究部 准主任研究員   鈴木 智也

デジタルトランスフォーメーション(DX) 日本経済 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

中央銀行デジタル通貨(Central Bank Digital Currency、以下CBDC)を巡る動きが活発化している。日本でも昨年、政府の財政・経済政策の基本方針を記す「骨太の方針2020」に、CBDCに関する方針が初めて盛り込まれた。政府・日銀は、技術的な検証を狙いとした実証実験を、2021年の早い時期に始め、CBDCの研究開発を、各国と連携しながら進めて行く方針を明らかにしている。

本稿では、CBDCが政治的な関心事となった背景を「経済安全保障」の観点から整理する。

■目次

1――はじめに
2――「覇権争い」に絡む中央銀行デジタル通貨
  1|経済安全保障とは
  2|デジタル人民元との関係
3――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

総合政策研究部   准主任研究員

鈴木 智也 (すずき ともや)

研究・専門分野
日本経済・金融

アクセスランキング

レポート紹介

【経済安全保障の視点で見る「中央銀行デジタル通貨(CBDC)」】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

経済安全保障の視点で見る「中央銀行デジタル通貨(CBDC)」のレポート Topへ