2021年02月02日

中央銀行デジタル通貨の「攻め」と「守り」-ECBによるデジタルユーロの取り組み

経済研究部 准主任研究員   高山 武士

キャッシュレス 金融政策 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 世界の主要国で中央銀行デジタル通貨に関する検討が加速しており、背景には民間でのデジタル通貨、特にステーブルコインの発行、流通や中国のデジタル人民元の取り組みなどがあると見られる。

  • ユーロ圏の中央銀行であるECB(欧州中央銀行)は2020年10月に「デジタルユーロに関する報告書(Report on a digital euro)」を公表し、2021年半ばに向け、ユーロシステムがデジタル通貨プロジェクトを立ち上げ、検討を進めていくかを決定するための、土台としての調査結果および課題を提示している。

  • また、日本でも日本銀行がCBDCの取り組みを進めている。本稿では日本の検討事項との比較も行いつつ、ECBによるデジタルユーロの取り組みについて紹介したい。

  • CBDCの導入については、同じCBDCでも、各国によって動機(「攻め」)や課題(「守り」)へのウエイトの置き方、それをどうすれば解決されるのかについては、状況は異なってくるだろう。

  • 今後はそれぞれ特有の事情を勘案して、CBDCに関する今後の取り組み方針への政治的な判断がなされると思われる。CBDCの導入の意思決定や、導入する場合のタイムスケジュールなど未定な部分も多いが、引き続き各国の動向について注視していきたい。


■目次

1――はじめに
2――CBDCの「攻め」と「守り」
  1|日本の場合
  2|ユーロシステムの場合
  3|中央銀行に共通する「守り」
3――終わりに

補論1――デジタルユーロの中核的原則と満たすべき要件
  1|中核的原則
  2|シナリオ固有要件
  3|一般要件
補論2――法的議論、機能設計、技術的議論
  1|法的議論
  2|機能設計
  3|技術的議論
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

経済研究部   准主任研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
欧州経済、世界経済

アクセスランキング

レポート紹介

【中央銀行デジタル通貨の「攻め」と「守り」-ECBによるデジタルユーロの取り組み】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中央銀行デジタル通貨の「攻め」と「守り」-ECBによるデジタルユーロの取り組みのレポート Topへ