2020年09月28日

中央銀行デジタル通貨の役割を根っこから考える

  日本生命保険相互会社 海外事業企画部 審議役(前・日本銀行決済機構局長) 木村 武

フィンテック(FinTech) 金融政策 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

決済システムの将来像を考える際に、ブロックチェーン技術の活用の有無といった技術論から中央銀行マネーの在り方を考えるのは適切ではない。伝統的なプレイヤーである銀行以外に、ノンバンク決済事業者がリテール決済サービス市場に新規参入するなど、決済システムの構造が大きくかわりつつある中で、中銀マネーにはいったいどのような役割が求められるのか、民間マネーとの違いは何か、という本質論を抜いたままでは、決済システムの将来像に関する議論が迷走してしまう。中央銀行デジタル通貨の検討を進める際には、デジタル社会における中銀マネーと民間マネーの交換可能性(convertibility)をどう確保していくか、という点を軸に理解を深めていくことが重要となる。

■目次

1――はじめに
2――CBDCとは何か
3――中銀マネーの役割
  1│マネーの等価交換と一様性
  2│危機時における中銀マネーの役割
4――CBDCに求められる機能
5――CBDCが必要となる状況とシナリオ
  1│キャッシュレス化の進展
  2│ノンバンク決済事業者の新規参入の影響
  3│中銀マネーが決済事業者間の競争と協調に与える影響
6――民間決済インフラとCBDCの関係
7――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

日本生命保険相互会社 海外事業企画部 審議役(前・日本銀行決済機構局長) 木村 武

研究・専門分野

アクセスランキング

レポート紹介

【中央銀行デジタル通貨の役割を根っこから考える】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中央銀行デジタル通貨の役割を根っこから考えるのレポート Topへ