2021年01月22日

世界各国の新型コロナとの闘いを振り返って

経済研究部 上席研究員   三尾 幸吉郎

新型コロナウイルス 中国経済 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

世界経済を振り返ると、2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)との闘いに明け暮れる年となった。この正体不明な感染症に対して世界各国は各国各様の対策を実施することとなった。小さなクラスター(感染者集団)が発生しただけでも徹底的に検査・隔離・追跡を行うなど厳格な防疫に軸足を置いた国もあれば、国民の自由を尊重し集団免疫を獲得することで対処しようとした国もあれば、両者の中間で経済と防疫の両立に取り組んだ国もあった。そこで、本稿では2020年の新型コロナとの闘いを振り返り、どのような対処方法を採用するのが経済面(GDP、財政負担)からみて有効だったのか考察している。

■目次

1――新型コロナとの闘いに明け暮れた2020年
2――新型コロナ感染が多かった国と少なかった国
3――財政赤字が巨大化した国と小幅に留まった国
4――GDP回復が順調な国とそうでない国
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

経済研究部   上席研究員

三尾 幸吉郎 (みお こうきちろう)

研究・専門分野
中国経済

アクセスランキング

レポート紹介

【世界各国の新型コロナとの闘いを振り返って】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

世界各国の新型コロナとの闘いを振り返ってのレポート Topへ