2021年01月18日

「ニッポンの結婚適齢期」男女の年齢・徹底解剖(5)―2018年婚姻届全件分析(再婚女性&総括編)―

生活研究部 人口動態シニアリサーチャー   天野 馨南子

未婚・晩婚・非婚 ライフデザイン などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

本レポートは、これまで4回のシリーズで詳説してきた「ニッポンの結婚適齢期」の最終稿となる。
 
金融工学分野などと異なり、誰でも自分の立場から何かしら意見を出すことが可能な「結婚」について、国の婚姻統計(婚姻届全件集計結果)を分析した内容を丁寧に解説することで、結婚年齢について一般的に拡散しているとみられる「思い込み」からの脱却と、統計事実に基づいたライフデザイン設計の大切さを少しでも感じていただければ本望である。
 
超少子高齢化社会の中で、すでに乳幼児の出生数は団塊世代(70代前半)の出生数の3/1、団塊ジュニア世代(アラフィフ)の出生数の半数以下となっている。
 
中高年層が人口マジョリティ化し、若年層が超人口マイノリティ化するという、かつてない人口構造を示す社会に日本社会が大きく変化している中で、いまだ結婚に関しては「かつての結婚適齢期人口」すなわち人口マジョリティ(中高齢層)の感覚が流布している状況にある。
 
統計データが示すニッポンの結婚適齢期を正確に把握することによって、若年世代に対し思い込みを排して向き合う姿勢の大切さを、人口マジョリティとなった中高齢層に少しでも問いかけられたなら幸いである。

■目次

はじめに 
1――相手の婚歴は初婚:再婚=4:6
2――再婚女性の初婚男性との成婚ピーク年齢は33歳
3――再婚男性との成婚ピーク年齢は38歳
4――初婚再婚別・男女別の適齢期分析を総括して
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

生活研究部   人口動態シニアリサーチャー

天野 馨南子 (あまの かなこ)

研究・専門分野
人口動態に関する諸問題-(特に)少子化対策・東京一極集中・女性活躍推進

アクセスランキング

レポート紹介

【「ニッポンの結婚適齢期」男女の年齢・徹底解剖(5)―2018年婚姻届全件分析(再婚女性&総括編)―】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

「ニッポンの結婚適齢期」男女の年齢・徹底解剖(5)―2018年婚姻届全件分析(再婚女性&総括編)―のレポート Topへ