2020年12月07日

「ニッポンの結婚適齢期」男女の年齢・徹底解剖(3)―2018年婚姻届全件分析(初婚女性その1)―

生活研究部 人口動態シニアリサーチャー   天野 馨南子

未婚・晩婚・非婚 ライフデザイン などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

本レポートは、日本において統計的な事実と一般の感覚との間に大きな格差がある、と強く感じる「結婚年齢(結婚適齢期)」について、婚姻届全件分析結果を用いて丁寧に解説するシリーズレポートの第3弾である。
 
第1弾は初婚男性、第2弾は再婚男性について結婚適齢期の解説を行った。
そして今回、第3弾は初婚女性について詳説する。
 
男性の結婚適齢期についてのレポート(特に第1弾の初婚男性編)には、「ここまで統計的事実と自分の感覚に差があるとは思わなかった」との声を多方面からいただいた。
 
今回は、事実はこうである、という解説の他に、なぜ一般によく知られている平均初婚年齢と結婚適齢期の間に、それなりの乖離が生じているのか、についても解説を行っている。
 
幸福なライフデザイン設計には、何よりも「事実誤認をしない」ことが大前提であると思う。
読者、そして読者を取り巻く人々のライフデザインの設計に、本レポートが少しでも役に立てば幸いである。

■目次

はじめに
1――再婚女性は成婚女性の約6人に1人
2――初婚女性の婚姻ピークは26歳
  2―1 「平均年齢」との差異に注意
  2―2 「平均年齢」の婚期の罠は、なぜおこるのか
3――年齢データを都合よく解釈しないことが大切
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

生活研究部   人口動態シニアリサーチャー

天野 馨南子 (あまの かなこ)

研究・専門分野
人口動態に関する諸問題-(特に)少子化対策・東京一極集中・女性活躍推進

アクセスランキング

レポート紹介

【「ニッポンの結婚適齢期」男女の年齢・徹底解剖(3)―2018年婚姻届全件分析(初婚女性その1)―】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

「ニッポンの結婚適齢期」男女の年齢・徹底解剖(3)―2018年婚姻届全件分析(初婚女性その1)―のレポート Topへ