2020年10月21日

コロナ禍による危機が促す業界再編~2020年7-9月期のグローバルM&Aマーケットの動向

金融研究部 准主任研究員   原田 哲志

金融市場・外国為替 企業経営・産業政策 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

世界のM&A取引や業界再編が活発化している。金融緩和により買収のための資金調達を行いやすい環境となっていることに加え、業績の悪化により事業の売却を行う企業が出ていることが背景となっている。

このような中、一部の企業はコロナ禍による事業売却の増加を好機として、シェア拡大や成長領域への進出など、長期的な展望を見据え買収を行っている。活発化する業界再編やグローバルM&Aマーケットの動向が注目される。

■目次

1――回復に向かうグローバルM&Aマーケット
2――コロナ禍による危機が促す業界再編
3――まとめ
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

金融研究部   准主任研究員

原田 哲志 (はらだ さとし)

研究・専門分野
資産運用、オルタナティブ投資、ヘッジファンド

アクセスランキング

レポート紹介

【コロナ禍による危機が促す業界再編~2020年7-9月期のグローバルM&Aマーケットの動向】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

コロナ禍による危機が促す業界再編~2020年7-9月期のグローバルM&Aマーケットの動向のレポート Topへ