2020年10月09日

金価格上昇の背景-金の関連指標と需給の動向

金融研究部 准主任研究員   原田 哲志

金融市場・外国為替 金融政策 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

新型コロナウイルスの感染拡大による経済見通しの不透明感や各国中央銀行の金融緩和を背景に金価格が高値圏で推移している。金価格の上昇は、投資家のリスクオフ姿勢や実質金利の低下による金ETFへの投資資金の流入が影響している。

金価格は9月は若干下落したものの、経済見通しの不透明感や金融緩和が継続した場合、高止まりが続くことが考えられる。しかしながら、ワクチン開発の進展などにより、経済見通しの不透明感が払拭された場合、金融緩和の出口が意識され、金価格の下落につながる可能性があるだろう。金価格の今後の動向に注目したい。

■目次

1――はじめに
2――不透明な経済見通し
3――金融緩和の金価格上昇に寄与への影響
4――金需給の動向
  (1) 金需要の動向
  (2) 金供給の動向
5――金価格を左右する要因の動向
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
61144_ext_01_0.jpeg

金融研究部   准主任研究員

原田 哲志 (はらだ さとし)

研究・専門分野
資産運用、オルタナティブ投資、ヘッジファンド

アクセスランキング

レポート紹介

【金価格上昇の背景-金の関連指標と需給の動向】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

金価格上昇の背景-金の関連指標と需給の動向のレポート Topへ