2020年07月16日

インシュアテック企業「オスカー」は米国医療市場でデータヘルスの先駆けとなるか

保険研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   松岡 博司

フィンテック(FinTech) 欧米保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■目次

はじめに~世界でもっとも有名なインシュアテック企業にしてデータヘルス企業
1――米国医療のあり方にもの申す
2――オスカーの概要
3――利用者目線で見たオスカーのサービス 「顧客体験の心地よさ」
  1|主なサービスの内容
  2|これらのサービスを提供するオスカーのネットプロモータースコアは業界平均を
    大きく上回っている
4――データを基軸に経営するオスカーの事業方向
  1|メンバーのオスカーへのエンゲージメントを増やす
  2|できるだけバーチャルケアを適用して、メンバーの負担、全体コストを引き下げる
  3| テクノロジーとデータサイエンスを用いて、メンバーの状態に応じ、最適で価値の
    高いケアに案内する
  4|アルゴリズムを活用し独自の「狭いが有効な医療プロバーダーネットワーク」を
    構築する
  5|すべての主要なテクノロジーをインハウスで構築し、比類のない機能を促進する。
    また、より大きな規模拡張性と透明性を実現する
さいごに 

※本稿は2019年7月8日発行「基礎研レポート」を加筆・修正したものである。
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
51_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

松岡 博司 (まつおか ひろし)

研究・専門分野
生保経営・生保制度(生保販売チャネル・バンカシュランス等、主に日本生命委託事項を中心とする研究)

アクセスランキング

レポート紹介

【インシュアテック企業「オスカー」は米国医療市場でデータヘルスの先駆けとなるか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

インシュアテック企業「オスカー」は米国医療市場でデータヘルスの先駆けとなるかのレポート Topへ