2019年06月04日

アメリカの保険金詐欺の現状-保険金詐欺の抑止のために何が行われているか?

保険研究部 主席研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   篠原 拓也

欧米保険事情 医療保険制度 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

アメリカでは、保険に関する詐欺の問題が続いている。すべての保険を合わせると、1年間に発生している詐欺の金額は、控えめにみても800億ドル(約8.8兆円)に達するといわれている。特に、損害保険では、毎年の保険金支払額のうち、約10%が保険金詐欺によるものとみられている。

本稿では、アメリカで起きている保険金詐欺の現状および対策を概観していく。それを通じて、日本の保険に対する示唆を得ることとしたい。

■目次

1――はじめに
2――保険金詐欺の現状
  1|アメリカでは、損害保険の分野で年間3兆円を超える規模の保険金詐欺が発生している
  2|アメリカでは、ほぼすべての州で保険詐欺罪が制定されている
  3|大半の州に詐欺局が設けられている
  4|保険会社は、保険金詐欺の検出のための新たなテクノロジーを活用している
3――自動車保険の保険金詐欺
  1|多額の保険料の徴収漏れが生じている
  2|加入者からの情報提供に誤りやウソがあることが多い
  3|ニューヨーク州では、無過失自動車保険により詐欺が誘発された
4――医療保険の保険金詐欺
  1|医療保険の詐欺に対する厳罰化が進んでいる
  2|予測分析を用いた詐欺の検出早期化が図られている
  3|詐欺犯罪グループの検挙も進められている
  4|詐欺を防ぐためのデータ共有化の組織がつくられている
5――保険金詐欺を抑止するテクノロジー
  1|テレマティックスは、運転データを集積し、保険金請求の適切性の確認に用いられる
  2|ドローンによる映像を活用して保険金詐欺を抑止することが期待されている
  3|運転免許読み取り装置で居場所を確認
  4|ソーシャルメディアを活用した詐欺の検出も進んでいる
  5|ビッグデータを用いたAIによる予測分析も犯罪の未然防止に役立てられる出
  6|IoTの普及により迅速な詐欺の発見が可能となる
6――おわりに (私見)
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   主席研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

篠原 拓也 (しのはら たくや)

研究・専門分野
保険商品・計理、共済計理人・コンサルティング業務

アクセスランキング

レポート紹介

【アメリカの保険金詐欺の現状-保険金詐欺の抑止のために何が行われているか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

アメリカの保険金詐欺の現状-保険金詐欺の抑止のために何が行われているか?のレポート Topへ