2018年11月15日

リーマンショックから10年、日本のベンチャー環境を振り返る

総合政策研究部 主任研究員   中村 洋介

このレポートの関連カテゴリ

企業経営・産業政策 日本経済 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 日本のベンチャーの事業環境は、リーマンショック後しばらく低迷が続いたが、アベノミクスで息を吹き返し、足もとは盛り上がりを見せている。
     
  • 現在、ベンチャー・エコシステムを育て、根付かせる絶好のチャンスを迎えている。今日の盛り上がりを、一過性のブームで終わらせてはならない。
     
  • 起業やベンチャーへの就職に挑戦する文化の醸成、ベンチャーキャピタリストやベンチャー支援・協業を行う人材の育成、官民の持続性・継続性ある取り組みに期待したい。

■目次

1――はじめに
2――この10年で劇的に改善したベンチャー市場
  1|リーマンショックの衝撃、一方で変化の兆しも(2008年~2012年)
  2|アベノミクスの追い風、ベンチャー企業をめぐる環境が大きく改善(2013年~2018年)
3――一過性の「ブーム」で終わらせてはならない
  1|日本のベンチャーの課題
  2|世界は先を行く
  3|更なる発展に向けて
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

総合政策研究部   主任研究員

中村 洋介 (なかむら ようすけ)

研究・専門分野
スタートアップ・デジタルビジネス

アクセスランキング

レポート紹介

【リーマンショックから10年、日本のベンチャー環境を振り返る】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

リーマンショックから10年、日本のベンチャー環境を振り返るのレポート Topへ