2018年10月18日

まちづくりレポート|大阪の農空間づくり-大阪府農空間保全地域制度による、協働型コモンズの形成

社会研究部 都市政策シニアリサーチャー   塩澤 誠一郎

都市計画 土地・住宅 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

2015年に成立した都市農業振興基本法(以下、基本法)では、第3条基本理念で、「都市農業が、農産物の供給の機能以外の多様な機能を果たしていることに鑑み、都市農地の活用保全が図られなければならない(第1項)」、「都市農業の振興施策は、都市住民をはじめとする幅広い国民の理解の基に推進しなければならない(第3項)」としている。

大阪府は、今から10年前の2008年に「大阪府都市農業の推進及び農空間の保全と活用に関する条例」(以下、条例)を施行し、基本法を先取りする取り組みを行ってきた。本稿では、今後多くの都市において参考になるであろう、条例に基づく農空間保全地域制度を紹介する。

■目次

1――大阪独自の都市農業施策
  1|大阪府都市農業条例制定
  2|農空間保全地域制度の効果
2――農空間保全地域制度
  1|農空間保全地域の指定から地域への働きかけ
  2|農空間づくり協議会による農空間づくりプランの策定と実施
  3|農空間づくりプランの意義
3――農空間づくりプランの事例
  1|かうち地区農と自然を守る協議会
  2|太平寺地区農空間保全活性協議会
4――農空間づくりを通じた協働型コモンズの形成
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

64_ext_01_0.jpeg

社会研究部   都市政策シニアリサーチャー

塩澤 誠一郎 (しおざわ せいいちろう)

研究・専門分野
都市・地域計画、土地・住宅政策、文化施設開発

レポート

アクセスランキング

【まちづくりレポート|大阪の農空間づくり-大阪府農空間保全地域制度による、協働型コモンズの形成】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

まちづくりレポート|大阪の農空間づくり-大阪府農空間保全地域制度による、協働型コモンズの形成のレポート Topへ