2018年02月06日

ついに米国株ミニバブルが崩壊-日経平均は早期に2万3000円を回復か

金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任   井出 真吾

証券市場 雇用統計│米国 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要約

米国株の急落を受けて日経平均も大幅下落となった。きっかけは米金利上昇とされるが、より本質的には米国株のミニバブルが崩壊したことだろう。今後の展開は日米で大きく異なることが予想される。米国株は過熱感が解消しても2万3000~2万4000ドル程度の一進一退が続く一方、日経平均は早期に2万3000円台を回復することが想定される。

■目次

■米国株急落の本質はミニバブルの崩壊
■日経平均は割安な状態になった
■当面の見通し~米国株は一進一退、日経平均は2万3000円を回復~
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
66_ext_01_0.jpg

金融研究部   チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任

井出 真吾 (いで しんご)

研究・専門分野
株式市場・株式投資

レポート

アクセスランキング

【ついに米国株ミニバブルが崩壊-日経平均は早期に2万3000円を回復か】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ついに米国株ミニバブルが崩壊-日経平均は早期に2万3000円を回復かのレポート Topへ