2017年08月21日

相場の転換点はいつか?~マーケット・カルテ9月号

経済研究部 シニアエコノミスト   上野 剛志

金融市場・外国為替 金融政策 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

為替・金利 3ケ月後の見通し 円高ドル安圧力がまたもや高まっている。8月上旬以降、北朝鮮情勢緊迫化に伴うリスク回避的な円買いと人種差別問題を巡るトランプ大統領発言を受けた米政権運営不安からのドル売りが活発化し、ドル円は一時108円台半ばまで下落。足元も109円台前半で推移している。

今後も当面は円高圧力の強い状況が続きそうだ。北朝鮮情勢はこのまま沈静化するとは見込まれず、たびたび緊迫化するだろう。また、米国は9月末頃に債務上限と来年度予算成立の期限を控えるが、政治が混迷を深める中で時間切れへの警戒感がドル売り圧力になる。FRBは9月に資産縮小を決定するとみられるが、市場ではほぼ織り込み済みであり、影響は限られるだろう。ただし、その後10月には市場が転換点を迎え、円安ドル高の再開が予想される。米経済が堅調に推移し、12月利上げ観測が高まることでドル高圧力が強まるだろう。また、欧州やカナダなどでの金融政策正常化に向けた動きが、日本の金融政策の周回遅れ感を際立たせることも円安をサポートする。3ヵ月後の水準は114円前後と見込んでいる。

ユーロ円も、8月に入って下落し、足元は128円台半ばにある。リスク回避的な円買いに加え、ECB議事要旨でユーロ高への懸念が明らかになったためだ。ただし、秋にはECBによる量的緩和縮小が議論される予定であり、9月以降は日欧金融政策の方向性の違いが意識されることで、ユーロ買いが優勢になりそうだ。3ヵ月後の水準は132円前後と予想している。

長期金利は、8月に入ってリスク回避的な債券買いで低下し、足元は0.04%付近にある。今後もしばらく低下圧力の強い状況が続くものの、日銀によるオペ減額への警戒から低下余地は限定的。10月以降は、12月利上げ観測に伴う米金利上昇を受けて、上昇圧力が波及する可能性が高い。3ヵ月後は0.1%をやや下回る水準を予想している。
(執筆時点:2017/8/21)
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
82_ext_01_0.jpg

経済研究部   シニアエコノミスト

上野 剛志 (うえの つよし)

研究・専門分野
金融、日本経済

(2017年08月21日「基礎研REPORT(冊子版)」)

レポート

アクセスランキング

【相場の転換点はいつか?~マーケット・カルテ9月号】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

相場の転換点はいつか?~マーケット・カルテ9月号のレポート Topへ